たたみ ふすま 会社案内 サイトマップ
■商品のご案内


 

本鳥の子、鳥の子、新鳥の子に分れており、雁皮・三椏・楮などの靱皮せんいを原料にした手漉き技法と機械漉きがあり、機械漉きも、さまざまな技術によって紙の風合いも、手漉きに近いものが出来ています。現在は、機械漉きが主流となっており、中でも価格の手頃な新鳥の子紙は、製紙・柄付けとも機械により一貫生産されていて、さまざまな図柄があります。
長繊維のレーヨン糸やスラブ糸・ネップ糸、マニラ麻糸等で織っています。絵柄は手加工や最新の技術を駆使して加工し、上品な柄が数多く用意されています。一般に「糸入り」と呼ばれています。
葛布、絹しけ、芭蕉布、シルケット等の天然素材を原料にした襖紙。
塩化ビニールなどの合成樹脂の襖紙で、汚れにくさと耐水性が特長。
丈夫な拭けるプラスチック障子紙や、楮を原料にした手漉き和紙、パルプに楮やマニラ麻、ビニロンを配合したもの等、各種予算にあわせてご用意しております。
丈夫なペット用網戸やステンレス網戸、目の細かいものや、外から見えにくく中からよく見える網戸等、各種予算にあわせてご用意しております。
柄の代表例。
他にも柄は多数取り揃えております。詳しくはお問合せ下さい。
総柄 裾柄 総柄
裾柄


このページのトップへ